地理情報システム論

Introduction of Geographic Information Systems

2006年秋学期、火曜日2限


目的

地図をはじめとする地理情報は空間的位置をキーとして,地表面の自然環境や人間活動をビジュアルに捉えたものです.地理情報を正しく理解し,問題の分析と解決のために利用できる能力は業種・業界を問わずに求められており、それを可能にするのは地理情報システム(GIS)です.GISはわれわれが日常に使っているカーナビゲーションやインターネットでの経路案内から,企業における商品の企画・販売,国・地域における開発と保全計画の策定まで,さまざまな分野において欠かせないものとなっています。この講義はGISによって地理情報を表現・管理・分析する原理を解説し、さまざまな分野での活用事例を紹介することを通して,環境や社会の問題を空間的に考察し、GISを用いて分析・解決する能力を養成します。

予定

 
日付
内容
スライド
  
日付
内容
スライド
1
9/26

第1回 なぜ,GISなのか

・日常のなかの地理情報

・仕事のなかの地理情報

・地理情報を捉える、使う方法ために

(講義の目的、意義、進め方などの理解)

こちら
8
11/14

第8回 統計情報の空間的理解

国勢調査などの統計データから地理的情報を読み取り、統計の空間的性質を考える.

(地図で統計情報を見る効果の理解)

こちら
2
10/3

第2回 Google EarthでGISを学ぶ

GoogleEarthは何を意味するか。

GoogleEarthでなにができるか。

・・・

こちら
9
11/28

第9回 GISで地理分布を捉える

デジタルデータで地理分布を見る、測る、見せる方法と効果を考察する.

(GISの基本機能とパワー、その1)

スライド

演習教材

演習データ

3
10/10

第3回 地理と地理情報の世界

・地理と地理空間

・地理空間と地理情報

・地理情報の性質

(地理空間と地理情報の特性の理解)

こちら
10
12/5

第10回 GISで地域構造を捉える

デジタルデータで地理情報にある空間的構造を測る、見せる方法と効果を考察する.

(GISの高度な機能とパワー、その2)

補足参考資料

スライド

都市座の解析演習

バッファ解析演習

4
10/17

第4回 GISの原理

地図・写真・統計にある地理情報を定量的に処理するためのGISの原理を解説する.・ラスター、ベクター方式、TIN、3Dなど

(地理情報をデジタル化する方法、それぞれの特長を理解)

参考:Mapping opportunities, Nature, Vol. 427, 2004.

こちら

11
12/12

第11回 共同演習(第2回)

地理データで国土の空間構造を捉える

演習マニュアル
5
10/24

第5回 演習:ArcGISに触れてみよう

特別教室または自分のノートでGISの使い方を習います.

(ArcGISで地理データを見る方法の習得)

こちら
12
12/19

第12回 GISで地域変化を捉える

デジタルデータで地理空間が変化するプロセスを見る、見せる方法と効果を考える.

(GISと地理情報の活用の可能性)

授業スライド

6
10/31

第6回 地図から地理情報を読み取る

地形図に示されている自然・社会・文化の情報を読み、空間情報の意味を考える.

(地形図の読図と地理情報の面白さを覚える)

こちら

 

13
1/9

第13回 もう一度、GISとは

GISとはどんなものなのか,これまでの授業を振り返り,みんなで考える

(GISは地理空間と情報空間をつなげる)

こちら
7
11/7

第7回 画像から地理情報を読み取る

衛星写真・航空写真に示されている自然・社会・文化の情報を読み、画像としての地理情報の意味を考える.

(航空写真の読み方、地図との違いを覚える)

こちら

空中写真

 
 

最終課題:

授業・演習をうけて,あるいは教科書・参考書・参考資料を読んで,あるいは生活の中から,ある問題(社会・環境・経済・情報など)や技術に気づいたとします.その問題や技術の概念を説明し,GISを利用した解決方法,あるいはGISをさらに発展する提案してください.
詳しくは第12回授業pptファイルを参照してください.

提出〆切:

1月31日17時  

参考文献

1.厳網林,GISの原理と応用,日科技連合出版社,2003.

2.高橋伸夫・谷内 達・阿部和俊・佐藤哲夫,ジオグラフィー入門:地理学でみる日本と世界,古今書院,1996,140p.

3.日本大学地理学教室編、地理学の見方・考え方−地理学の可能性をさぐる、古今書院、1998、p.180.

4.浮田典良、地理学入門−マルティ・スケール・ジオグラフィ、大明堂、2003、p.101.

5.伊藤喜栄・高木勇夫・村上研二ら訳,人文地理学の基礎,古今書院,2000.

6.中村和郎・高橋伸夫ほか,地理学への招待,古今書院,1996.

7.オリビィ・ドルフェス著、山本政三・高橋伸夫訳、地理空間、白水社、1975、p.134.

8.大友篤,地域分析入門,東洋経済新報社,1987,261p.

評価方法

出席、中間リポート,最終リポート.