[大学院]デジタルアース論

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 総合政策学部・環境情報学部 2012年度 シラバス
・シ・シ・シ・シ60510 – デジタルアース論 Digital Earht Science プログラム科目 (大学院) 2単位
開講日程 2012年度 春学期 木曜日1時限 担当教員 厳 網林
関連科目:
同一科目:・シ・シ・シ・シ・シ「ジオインフォマティクス概論」*この科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。
・シ・シ・シ・シ・シ・シ開講場所 SFC
履修者制限 履修人数を制限しな い。
使用言語 英語
授業形態 講義、実習・演習
履修条件 学部授業あるいは大学院(英語)「空間 分析」を事前、あるいは事後に履修する
・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ連絡先 yan@sfc.keio.ac.jp
・シ・シ・シ・シ・シ・シ学生が準備するソフト・機材 ArcGISをご自身のマシンにインストールしてください/ We recommend you installingArcGIS in your PC.

・シ・シ・シ

科目概要(詳細)

情報社会の発展は私たちの生活空間、ビジネス空間をデジタル化し、便利をもたらす。それはGoogle Earthで代 表される巨大なサイバースペース―デジタルアースによって代表される。宇宙では衛星リモートセンシング、地 上では位置測定衛星や様々な固定または移動型のセンサシステムが巡られ、リアルタイムに高解像度かつ時系列 の情報がデジタルに収集され、GISによって、環境、社会、ビジネス、行政管理などにサービスが提供される。 サーバースペースとリアルスペースの境界が消える中、この高度な技術を生かせれば、生活からビジネスまで大 きなアドバンテージを創出することが可能である。本授業はデジタルアースの基本概念、要素技術を学習する。 そして、研究と実務における各種の問題を取り上げ、デジタルアースの観点から解決の方法を思考する。最後に 学生の個人課題に適用し、デジタルアースを用いた研究方法を考えてもらう。
——–
Information technology has digitized modern business and modern lifestyles, making both more
convenient. A significant case in point is the advent of Digital Earth, in which a virtual space on the internet was formed around the collection of a massive amount of geospatial data. Meanwhile in the physical world, the Earth is now surrounded by satellites that generate high resolution images of much of the planet below. These are in turn supplemented by mobile and stationary sensors on ground for ・シcollecting social and environmental data. Together these sensors give life to the cyber space and add a level of sophistication to information service.
In order to take advantage of this cross-cutting technology this course will teach the concepts of Digital Earth as well as the principles of its essential technologies. Students will learn to use Digital Earth as a
tool for solving social and natural problem through case studies and exercises. Students are also required to design their own applications with the technology at the end of the course.

授業シラバス

主題と目標/授業の手法など
デジタルアースとは、WEB上に表現された多次元・多解像度の地球のことであり、地球環境問題をはじめ多様な 問題を検討する共同実験室や科学コミュニケーションのプラットフォームとしての活用が期待されている。 本講 義は、デジタルアースを構築するために必要となる、空間情報科学やGISなどの技術基盤やその具体的な利用事例 について、簡単な演習などを通じながら学ぶ。さらに講義を通じて、世界の本当の姿を知るには、どのような方 法があるかを明らかにし、またそれらの道具を通じて、世界を君たちがどうとらえたかについての議論を通じ、 世界観や空間観の醸成をはかる。
Digital Earth is multidimensional, multi-resulutional globe on Web platform. It is also media to bridge real world and virtual world. Since it was born in 1990′s it has been dramatically evaluated with the progress of information and communication technologies. It was expected as one of three frontiers in 21 century with Nano technology and bio technology. This course teach the basic concepts of Digital Earth and latest technologies. Students can learn basic skills for using the technology by ArcGIS training. Students are also require to explore the possibility of the technology in your country/ region and your study topics.

教材・参考文献

Tim Ormsby, Eileen Napoleon, Robert Burke, Carolyn Groessl and Laura Bowden, Getting to Know ArcGIS: Desktop, ESRI.
Paul A. Longley, Mike Goodchild, David J. Maguire, David W. Rhind, Geographic Information Systems and Science, Wiley, 3rd edition.
日本人学生には、日本語教材を別途指定します。

提出課題・試験・成績評価の方法など

授業、ワークショップへの参加、最終課題
Attendance to lectures and workshops. Final presentation and report.

履修上の注意

授業計画

第1回 イントロダクション&ガイダンス/ Introduction and Orientation デジタルアースとは/ What is Digital Earth
GISの進化/ Evolution of GIS
新しいトレンド/ New trends in Digital Earth and GIS
この授業の構成/ Composition of this course 講義と演習の進め方
・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ・シ第2回 デジタルアース構築の要素技術 1.0 / Technical components for Digital Earth 1.0 マッピングシステム/ Mapping system: GIS
地球測位システム/ Positioning system: GNSS
衛星観測システム/ Earth Observation System: RS
センシングシステム/ Sensor system
情報サービスシステム/ Web system
第3回 デジタルアース構築の要素技術 2.0/ Technical components for Digital Earth 2.0 WEB 2.0 and Where2.0
オープンソースとGIS/ Open source and GIS
Web検索エンジンとファンダビリティ/ Web search engine and ambient Found-ability
第4回 デジタルアース構築の要素技術 3.0/ Technical components for Digital Earth 3.0 センサウエブとデジタルアース/Sensor Web and Digital Earth スマートフォンとデジタルアース/ Smartphone and Digital Earth ユビキタスとデジタルアース/ Ubiquitous information environment and Digital Earth デジタルアースにおける集合知の形成/Voluntery Geographic Information
第5回 演習1:Google Earthからデジタルアースを学ぶ/ Learning DE by Google Earth Google Earthを用いて、DEの基礎知識を理解し、また実操作を通して、空間データの特性、 来んピュータにおける管理方法を理解する。
Learning basic knowledge about DE through GE. Students shall understand the spatial characteristics of Geospatial data and the methodology to manage the data. ARC/GISを通じた空間解析
第6回 デジタルアースの基礎:空間データ基盤/ The base of digital earth: Spatial Data Infrastructure
様々な空間データのリソース/ Diverse of spatial data sources 空間データの仕様/ Spatial data standard
空間データの相互利用性/ Spatial data interoperability
第7回 演習2:デジタルアースのための空間データの作成/Data generation for Digital Earth
・シGPSを使って位置情報を取得し、それをGoogle Earthに入力して、位置精度を確認する。また
ほかのデータとの整合性を検証すること。
Using GPS devices to collect spatial data and input the data into Google Earth for checking the accuracy and integrity of spatial data sets.
第8回 ワークショップ1:あなたの国、地域における空間データとGIS
あなたの国と地域における空間データの整備状況/ Spatial data in your country or region あなたの国と地域におけるGISの利用状況/ GIS research and applications in your country
or region
第9回 演習3:空間データの操作/ Manuplation of geospatial data with ArcGIS
GISへのデータ入力/ Data input to GIS GISにおける空間データの管理/ Spatial data storage in GIS
GISによる空間データの視覚化/ Visualization with GIS
第10回 演習4: 衛星データの利用/ Using remotely sensed image data in GIS
リモートセンシングデータリソース/ Remotely sensed image data resources GISに画像データを取り込む方法/ Method to integrate image data into GIS
画像データの基本処理/ Basic operations of image data in GIS
第11回 ワークショップ2: あなたの国、地域におけるデジタルアースの取り組み/ The state-of-the-art of
digital earth in your country or region 空間データ相互利用のポリシー/ Policy for spatial data utilization
空間情報のプロダクツとサービス/ Products and services by spatial data 教育研究と普及のイニシアチブ/ Research initiatives for promotion of Digital Earth
第12回 演習5:空間データの解析/ Spatial analysis with GIS
空間検索の方法/ Spatial search by features
属性検索の方法/ Spatial search by attributes
ネットワーク検索の方法/ Spatial search by network 第13回 デジタルアースの未来/ Future of Digital Earth
・シ新しいサービスと新しい動向/ New Services and New trends in Digital Earth 地理空間と情報空間の融合/ Seamless integration of GeoSpace and InfoSpace 世界観の形成とデジタルアース/ Human sense and Digital Earth シームレスな空間における意思決定と人間行動/ Decision making and action within transitional space
第14回 とりまとめとプレゼンテーション/ Summary and final presentation コースレビュー/ Short review about the course
自分の研究課題への応用可能性/ Presentation about the possibility of DE for your research
・シ