スマートシティSmart City


地球温暖化問題を背景とし、従来の化石燃料を用いた集中型電源から、太陽光エネルギーなどの自然エネルギーを用いた分散型電源への移行が求められている。さらにこのたびの東日本大震災を経て、災害に強い分散型電源としても太陽光エネルギーの利用が進んできている。研究者らは住宅用太陽光発電の利用方法をテーマとし、住宅というミクロスケールで太陽光エネルギーと屋根形状との関係性を分析してきた。しかし、実際に太陽光エネルギーを利用する際には、地域の特性や都市の空間構造などマクロスケールでの要因も考慮しなければならない。そこで本研究では、空間スケールに応じて太陽光エネルギーと空間構造との関係性を分析し、明らかにする事を目的とする。実証実験地域等の実例を基にして、地域単位や建物単位などスケール階層毎に考慮すべき空間構造の要因を考え、それらの要因に関わる主体とその役割を明確化し、太陽光エネルギーと空間構造の関係性を分析するためのフレームワークを作成する。それによって、様々な地域特性を持つ広大な既成市街地に対して、太陽光エネルギーの利用を計画する際の基盤となるアプローチ方法の構築が期待される。


With the issue of global warming at our hands, we are required to switch our method of energy generation from centralized generation which uses fossil fuels, to dispersed generation which relies on renewable energy like solar. In addition, solar energy is being recognized as a viable and desirable method after the recent The Great East Japan Earthquake. Researchers are approaching this study in a micro scale, studying the connection between solar energy generation and roof shape of a home. However, when it comes to using solar energy, we must also consider the macro scale like the special traits of a regional area and also its spatial structure. In our research, we will study and make clear the connection between solar energy and spatial structure corresponding to all the different spatial scale. Basing off the operation exams, we will determine the important aspects of the connection between spatial structure and solar energy. Then we will incorporate both micro scale aspects like roof tops, and macro scale aspects like regional characteristics into the framework. The purpose of this framework is to make clear the relating factors in solar energy generation and the role they must play. Through this, the framework will play as a guideline for future solar energy planning that works for various locations and scale.