GISデータ

Global GIS, USGS and AGI

http://www.agiweb.org/pubs/globalgis/index.html
The USGS Global GIS database contains a wealth of USGS and other public domain data, including global coverages of elevation, landcover, seismicity, and resources of minerals and energy at a nominal scale of 1:1 million. The GIS, which will run on the included Environmental Systems Research Institute’s (ESRI) ArcView Data Publisher software, are available both by region on seven CD-ROM and on a single DVD-ROM.
補足説明:1990年代のDCWの更新版のようなもの.初リリースは2000年。有料。研究室にDVD版あり。


USGS, GLOBAL LAND COVER CHARACTERIZATION

IGBP – DATA AND INFORMATION SYSTEM
http://edcsns17.cr.usgs.gov/glcc/
The following classification schemes are now available in a global geographic projection with 30 arc second grid cell size. Please consult the Global Readme for the image projection parameters.
補足説明:Global GIS, USGS and AGIに含まれている。


SRTM, NASA

http://srtm.usgs.gov/
The Shuttle Radar Topography Mission (SRTM) data products result from a collaborative mission by the National Aeronautics and Space Administration (NASA), the National Imagery and Mapping Agency (NIMA), the German space agency (DLR) and Italian space agency (ASI), to generate a near-global digital elevation model (DEM) of the Earth using radar interferometry.
The SRTM data flight occurred Feb. 11-22, 2000 on STS-99 and successfully fulfilled all mission objectives. Following a lengthy calibration and validation phase, the 12 terabytes of raw data are currently being processed into digital elevation maps.
補足説明:米国内は30m、米国外は90mの解像度。GOTO30(1km)と比べて圧倒的に精度が高い。フリーでダウンロードできる。アジア地域は研究室にダウンロード済み。


NASA’s Global Change Master Directory (GCMD)

http://gcmd.nasa.gov/
The GCMD database holds more than 16,000 descriptions of Earth science data sets and services covering all aspects of Earth and environmental sciences. One can use the search box or select from the available keywords to search for data and services.


SPOT Vegetation NRF処理データ

http://www.vti.co.jp/data_set_spotveg.htm
VTI社が独自に開発したノイズ処理アルゴリズムを用い、1998年4月から2003年3月までの5年分の世界1km解像度10daysタイムコンポジット画像データの、ノイズ除去を行い、年単位もしくは5年間の時系列データセットとして提供します。毎年データは更新されます。
対象地域:全世界、N-Asia、SE-Asia、Asia-Ialand、W-Asia、Europe、Africa、N-America、Central-America、S-America、Australasian
解像度:1km/pixel、2km/pixel、4km/pixel、8km/pixel
データ作成期間 1999年版、2000年版、2001年版、2002年版、2003年版(3月まで)
注)以降は現在処理中
データセット:年単位NRF処理(36シーン)、5年間のデータを用いて処理した複数年NRF処理(180シーン)
補足説明:有料。SE-Asia、2003年3月まで研究室にあり。


ECMWF 40 year Re-analysis(ERA-40)データセット

http://www.vti.co.jp/data_set_ecmwf.htm
ECMWF ERA-40データセットは、全世界の大気や地(海)表に関する気象データです。
期間:1957年9月から2002年8月
パラメータ :Humidity, Temperature, Velocity, Ozonen mass mixing ratio etc.
補足説明:有料。必要なパラメーター、pressure level、データの種類、グリッドサイズ等をご指定して作れる。


Surface meteorology and Solar Energy (release 5.1)

http://eosweb.larc.nasa.gov/cgi-bin/sse/sse.cgi?na+s01#s01
Average daily global radiation data for 1195 ground sites from the 30-year (1964 – 1993) World Radiation Data Centre (WRDC) data set.


GEO Data Portal

http://geodata.grid.unep.ch/
The GEO Data Portal is the authoritative source for data sets used by UNEP and its partners in the Global Environment Outlook (GEO) report and other integrated environment assessments. Its online database holds more than 450 different variables, as national, subregional, regional and global statistics or as geospatial data sets (maps), covering themes like Freshwater, Population, Forests, Emissions, Climate, Disasters, Health and GDP. Display them on-the-fly as maps, graphs, data tables or download the data in different formats.
補足説明:国家、地域、サブ地域単位の統計データ。


Maps and Graphics at UNEP/GRID-Arendal

http://maps.grida.no/
This service is an on-going project to collect and catalogue all graphic products that have been prepared for publications and web-sites from the last 15 years in a wide range of themes related to environment and sustainable development.There are currently 728 graphics available in the database, with the last update May 4, 2006.


CIESIN

http://sedac.ciesin.org/
The Center for International Earth Science Information Network (CIESIN) is a center within the Earth Institute at Columbia University. CIESIN works at the intersection of the social, natural, and information sciences, and specializes in on-line data and information management, spatial data integration and training, and interdisciplinary research related to human interactions in the environment.


Global Land Cover Facility (GLCF)

http://glcf.umiacs.umd.edu/index.shtml
The Global Land Cover Facility (GLCF) provides earth science data and products to help everyone to better understand global environmental systems. In particular, the GLCF develops and distributes remotely sensed satellite data and products that explain land cover from the local to global scales.
Primary data and products available at the GLCF are free to anyone via FTP. Online datasets may be accessed electronically through the Earth Science Data Interface (ESDI).


地球地図データ作成・公開状況

(2006 年 3 月 8 日現在)
http://www1.gsi.go.jp/geowww/globalmap-gsi/create-gmdata.html
http://www.iscgm.org/cgi-bin/fswiki/wiki.cgi
・モンゴル・パナマ・ケニア・ボツワナ,ブルキナファソ,カザフスタン,キルギス,メキシコ及びミャンマー・スワジランド・サモア・イラン・マケドニア
以上の国々のデータが完成されている.


The Asian Spatial Information and Analysis Network

The Australian Consortium for the Asian Spatial Information and Analysis Network (ACASIAN), Griffith University.
http://www.asian.gu.edu.au/
The Australian Consortium for the Asian Spatial Information and Analysis Network (ACASIAN) is an academic and applied research activity specializing in Geographical Information System (GIS) databases for Asia (China in particular) and the former Soviet Union. In its original manifestation, ACASIAN fulfilled Griffith University’s leading role in the SIIASA and SIIRCEASA consortia, and Griffith University continues to licence its spatial datasets, and those Crissman has subsequently produced, for academic, research, and commercial purposes.


中国の数値地図

http://cbs-jp.ddo.jp/spjs/map/10000Dmap2002.asp
「中国数値地図1/100万」2002年更新版は、中国数値化地図(1/100万,国際版,1995年)と全世界地図の中国データベースに基づき(1999年),再リリースされたものであります。本データは全国範囲をカバーする1/100万縮尺行政区、住民地、交通、文化、水系、地形、海洋等のベクトルデータを含みます。ベクトルデータは2000年の最新データを採用し、その内、地名は2001年、行政区コードは2002年の最新データを採用しました。
全体データは77のメッシュに分かれ、それぞれのメッシュの緯度差は4度、経度差は6度であります。ベクトルデータはARC/INFOフォーマットを採用しました。本製品は、クラソフ楕円体を用いており、経度と緯度を表示する地理座標を採用しました。単位は度であります。1956年の黄海高さ系を用いています。
単価:95万円


Chinese Spatial Data

http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/link/ChineseSpatialData.htm
中国関連の空間情報は網羅的に紹介されている。


China Data Center, Michigen University

The China Data Center at the University of Michigan is a national center designed to advance the study and understanding of China. A primary goal of the Center is the integration of historical, social and natural science data in a geographic information system, where spatial and temporal references is maintained through a relational database.
補足説明:中国国家統計局のデータなどを販売している。


DIGITAL CHART OF CHINA, 1:1M FUNDAMENTAL GIS

http://sedac.ciesin.org/china/geogmap/dcchina/dcchinadesc.html
The Digital Chart of China: 1:1M, Version 1 was provided by the CITAS (China in Time and Space – University of Washington) project. There are two data sets comprising the Digital Chart of China; one covers China only, and the other covers China and the surrounding areas. There are six layers in each of the two data sets: roads, railroads, populated places points based, populated places polygon based, rivers and contours. Data are provided in Arc/Info Export format.


日本国内のGISデータ

国土情報ウェブマッピングシステム:

http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html
以下の数値地図を閲覧し,ダウンロードできます.

国土数値情報

国土数値情報は、地形、土地利用、公共施設、道路、鉄道など国土に関する様々な地理的情報を数値化したものです。
国土数値情報は、全国総合開発計画、国土利用計画などの国土計画の策定や実施の支援のために整備されたものですが、広く利用していただくため、平成13年4月からインターネットで一般提供を行っています。


街区レベル位置参照情報

街区レベル位置参照情報とは、街区単位(○町○丁目○番)の位置座標(街区代表点の緯度・経度。平面直角座標)を整備したデータです。
街区レベル位置参照情報を用いることで、住所をもとに各種統計・台帳データを地図上へ重ね合わせることが容易になります。
街区レベル位置参照情報は、全国の都市計画区域を対象として整備しており、平成13年4月からインターネットで一般提供を行っています。


国土画像情報(カラー空中写真)」

「国土画像情報(カラー空中写真)」は、昭和49年度から平成2年度にかけて、国土の全域で延べ約40万枚の写真を整備したものです(撮影は国土地理院)。撮影縮尺は1/8,000から1/15,000です。国土画像情報(カラー空中写真)をブラウザで簡単に検索・閲覧することができます。


空中写真閲覧

http://mapbrowse.gsi.go.jp/airphoto/index.html
国土地理院が所有する空中写真の閲覧サービスを試験公開しています。


数値地図(空間データ基盤)

http://sdf.gsi.go.jp/
以下の2種類の数値地図を閲覧できます:
 数値地図25000(空間データ基盤)は、2万5千分1地形図に相当する精度を持つ、道路中心線、鉄道中心線、河川中心線、水涯線、海岸線、行政界、基準点、地名、公共施設、標高の10項目のデータです。
 数値地図2500(空間データ基盤)は、全国の都市計画区域(約96,000平方キロメートル)を対象に、道路、河川、行政区域界等の骨格的地図項目を数値化したデータです。


各種地図の閲覧

http://www.gsi.go.jp/tizu-kutyu.html
国土地理院が所有,刊行している地形図,主題図,古地図を閲覧できます.

Global GIS, USGS and AGI

http://www.agiweb.org/pubs/globalgis/index.html
The USGS Global GIS database contains a wealth of USGS and other public domain data, including global coverages of elevation, landcover, seismicity, and resources of minerals and energy at a nominal scale of 1:1 million. The GIS, which will run on the included Environmental Systems Research Institute’s (ESRI) ArcView Data Publisher software, are available both by region on seven CD-ROM and on a single DVD-ROM.
補足説明:1990年代のDCWの更新版のようなもの.初リリースは2000年。有料。研究室にDVD版あり。


USGS, GLOBAL LAND COVER CHARACTERIZATION

IGBP – DATA AND INFORMATION SYSTEM
http://edcsns17.cr.usgs.gov/glcc/
The following classification schemes are now available in a global geographic projection with 30 arc second grid cell size. Please consult the Global Readme for the image projection parameters.
補足説明:Global GIS, USGS and AGIに含まれている。


SRTM, NASA

http://srtm.usgs.gov/
The Shuttle Radar Topography Mission (SRTM) data products result from a collaborative mission by the National Aeronautics and Space Administration (NASA), the National Imagery and Mapping Agency (NIMA), the German space agency (DLR) and Italian space agency (ASI), to generate a near-global digital elevation model (DEM) of the Earth using radar interferometry.
The SRTM data flight occurred Feb. 11-22, 2000 on STS-99 and successfully fulfilled all mission objectives. Following a lengthy calibration and validation phase, the 12 terabytes of raw data are currently being processed into digital elevation maps.
補足説明:米国内は30m、米国外は90mの解像度。GOTO30(1km)と比べて圧倒的に精度が高い。フリーでダウンロードできる。アジア地域は研究室にダウンロード済み。


NASA’s Global Change Master Directory (GCMD)

http://gcmd.nasa.gov/
The GCMD database holds more than 16,000 descriptions of Earth science data sets and services covering all aspects of Earth and environmental sciences. One can use the search box or select from the available keywords to search for data and services.


SPOT Vegetation NRF処理データ

http://www.vti.co.jp/data_set_spotveg.htm
VTI社が独自に開発したノイズ処理アルゴリズムを用い、1998年4月から2003年3月までの5年分の世界1km解像度10daysタイムコンポジット画像データの、ノイズ除去を行い、年単位もしくは5年間の時系列データセットとして提供します。毎年データは更新されます。
対象地域:全世界、N-Asia、SE-Asia、Asia-Ialand、W-Asia、Europe、Africa、N-America、Central-America、S-America、Australasian
解像度:1km/pixel、2km/pixel、4km/pixel、8km/pixel
データ作成期間 1999年版、2000年版、2001年版、2002年版、2003年版(3月まで)
注)以降は現在処理中
データセット:年単位NRF処理(36シーン)、5年間のデータを用いて処理した複数年NRF処理(180シーン)
補足説明:有料。SE-Asia、2003年3月まで研究室にあり。


ECMWF 40 year Re-analysis(ERA-40)データセット

http://www.vti.co.jp/data_set_ecmwf.htm
ECMWF ERA-40データセットは、全世界の大気や地(海)表に関する気象データです。
期間:1957年9月から2002年8月
パラメータ :Humidity, Temperature, Velocity, Ozonen mass mixing ratio etc.
補足説明:有料。必要なパラメーター、pressure level、データの種類、グリッドサイズ等をご指定して作れる。


Surface meteorology and Solar Energy (release 5.1)

http://eosweb.larc.nasa.gov/cgi-bin/sse/sse.cgi?na+s01#s01
Average daily global radiation data for 1195 ground sites from the 30-year (1964 – 1993) World Radiation Data Centre (WRDC) data set.


GEO Data Portal

http://geodata.grid.unep.ch/
The GEO Data Portal is the authoritative source for data sets used by UNEP and its partners in the Global Environment Outlook (GEO) report and other integrated environment assessments. Its online database holds more than 450 different variables, as national, subregional, regional and global statistics or as geospatial data sets (maps), covering themes like Freshwater, Population, Forests, Emissions, Climate, Disasters, Health and GDP. Display them on-the-fly as maps, graphs, data tables or download the data in different formats.
補足説明:国家、地域、サブ地域単位の統計データ。


Maps and Graphics at UNEP/GRID-Arendal

http://maps.grida.no/
This service is an on-going project to collect and catalogue all graphic products that have been prepared for publications and web-sites from the last 15 years in a wide range of themes related to environment and sustainable development.There are currently 728 graphics available in the database, with the last update May 4, 2006.


CIESIN

http://sedac.ciesin.org/
The Center for International Earth Science Information Network (CIESIN) is a center within the Earth Institute at Columbia University. CIESIN works at the intersection of the social, natural, and information sciences, and specializes in on-line data and information management, spatial data integration and training, and interdisciplinary research related to human interactions in the environment.


Global Land Cover Facility (GLCF)

http://glcf.umiacs.umd.edu/index.shtml
The Global Land Cover Facility (GLCF) provides earth science data and products to help everyone to better understand global environmental systems. In particular, the GLCF develops and distributes remotely sensed satellite data and products that explain land cover from the local to global scales.
Primary data and products available at the GLCF are free to anyone via FTP. Online datasets may be accessed electronically through the Earth Science Data Interface (ESDI).


地球地図データ作成・公開状況

(2006 年 3 月 8 日現在)
http://www1.gsi.go.jp/geowww/globalmap-gsi/create-gmdata.html
http://www.iscgm.org/cgi-bin/fswiki/wiki.cgi
・モンゴル・パナマ・ケニア・ボツワナ,ブルキナファソ,カザフスタン,キルギス,メキシコ及びミャンマー・スワジランド・サモア・イラン・マケドニア
以上の国々のデータが完成されている.


The Asian Spatial Information and Analysis Network

The Australian Consortium for the Asian Spatial Information and Analysis Network (ACASIAN), Griffith University.
http://www.asian.gu.edu.au/
The Australian Consortium for the Asian Spatial Information and Analysis Network (ACASIAN) is an academic and applied research activity specializing in Geographical Information System (GIS) databases for Asia (China in particular) and the former Soviet Union. In its original manifestation, ACASIAN fulfilled Griffith University’s leading role in the SIIASA and SIIRCEASA consortia, and Griffith University continues to licence its spatial datasets, and those Crissman has subsequently produced, for academic, research, and commercial purposes.


中国の数値地図

http://cbs-jp.ddo.jp/spjs/map/10000Dmap2002.asp
「中国数値地図1/100万」2002年更新版は、中国数値化地図(1/100万,国際版,1995年)と全世界地図の中国データベースに基づき(1999年),再リリースされたものであります。本データは全国範囲をカバーする1/100万縮尺行政区、住民地、交通、文化、水系、地形、海洋等のベクトルデータを含みます。ベクトルデータは2000年の最新データを採用し、その内、地名は2001年、行政区コードは2002年の最新データを採用しました。
全体データは77のメッシュに分かれ、それぞれのメッシュの緯度差は4度、経度差は6度であります。ベクトルデータはARC/INFOフォーマットを採用しました。本製品は、クラソフ楕円体を用いており、経度と緯度を表示する地理座標を採用しました。単位は度であります。1956年の黄海高さ系を用いています。
単価:95万円


Chinese Spatial Data

http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/link/ChineseSpatialData.htm
中国関連の空間情報は網羅的に紹介されている。


China Data Center, Michigen University

The China Data Center at the University of Michigan is a national center designed to advance the study and understanding of China. A primary goal of the Center is the integration of historical, social and natural science data in a geographic information system, where spatial and temporal references is maintained through a relational database.
補足説明:中国国家統計局のデータなどを販売している。


DIGITAL CHART OF CHINA, 1:1M FUNDAMENTAL GIS

http://sedac.ciesin.org/china/geogmap/dcchina/dcchinadesc.html
The Digital Chart of China: 1:1M, Version 1 was provided by the CITAS (China in Time and Space – University of Washington) project. There are two data sets comprising the Digital Chart of China; one covers China only, and the other covers China and the surrounding areas. There are six layers in each of the two data sets: roads, railroads, populated places points based, populated places polygon based, rivers and contours. Data are provided in Arc/Info Export format.


日本国内のGISデータ

国土情報ウェブマッピングシステム:

http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html
以下の数値地図を閲覧し,ダウンロードできます.

国土数値情報

国土数値情報は、地形、土地利用、公共施設、道路、鉄道など国土に関する様々な地理的情報を数値化したものです。
国土数値情報は、全国総合開発計画、国土利用計画などの国土計画の策定や実施の支援のために整備されたものですが、広く利用していただくため、平成13年4月からインターネットで一般提供を行っています。


街区レベル位置参照情報

街区レベル位置参照情報とは、街区単位(○町○丁目○番)の位置座標(街区代表点の緯度・経度。平面直角座標)を整備したデータです。
街区レベル位置参照情報を用いることで、住所をもとに各種統計・台帳データを地図上へ重ね合わせることが容易になります。
街区レベル位置参照情報は、全国の都市計画区域を対象として整備しており、平成13年4月からインターネットで一般提供を行っています。


国土画像情報(カラー空中写真)」

「国土画像情報(カラー空中写真)」は、昭和49年度から平成2年度にかけて、国土の全域で延べ約40万枚の写真を整備したものです(撮影は国土地理院)。撮影縮尺は1/8,000から1/15,000です。国土画像情報(カラー空中写真)をブラウザで簡単に検索・閲覧することができます。


空中写真閲覧

http://mapbrowse.gsi.go.jp/airphoto/index.html
国土地理院が所有する空中写真の閲覧サービスを試験公開しています。


数値地図(空間データ基盤)

http://sdf.gsi.go.jp/
以下の2種類の数値地図を閲覧できます:
 数値地図25000(空間データ基盤)は、2万5千分1地形図に相当する精度を持つ、道路中心線、鉄道中心線、河川中心線、水涯線、海岸線、行政界、基準点、地名、公共施設、標高の10項目のデータです。
 数値地図2500(空間データ基盤)は、全国の都市計画区域(約96,000平方キロメートル)を対象に、道路、河川、行政区域界等の骨格的地図項目を数値化したデータです。


各種地図の閲覧

http://www.gsi.go.jp/tizu-kutyu.html
国土地理院が所有,刊行している地形図,主題図,古地図を閲覧できます.