参考資料/References

EcoGISLabの推薦書籍・論文雑誌・Websites

EcoGIS Lab 指定図書

研究室共通基礎

マーテン,ジェラルド・G.【著】〈Marten,Gerald G.〉・天野 明弘【監訳】・関本 秀一【訳】,ヒューマン・エコロジー入門―持続可能な発展へのニュー・パラダイム,有斐閣,2005,298p.原著: Marten, Gerald G., HUMAN ECOLOGY.
Sarah E. Gergel and Monica G. Turner, 2002, Learning Landscape Ecology: A practical Guide to concepts and techniques, Springer: New York.
イアン・マクハーグ著,下河辺 淳ら訳,デザイン・ウイズ・ネーチャー,集文社,1994.
スタイニッツ,カール(Steinitz, Carl・Bintord, Michael・Cote, Paul・Edward, Thomas・Jr. Ervin, Stephen ほか)著,地理情報システムによる生物多様性と景観プランニング―カリフォルニア州キャンプ・ペンドルトン地域の選択的将来,地人書房,1999,181p.
MA, Ecosystems and Human Well-being: A Framework for Assessment, Millennium Ecosystem Assessment, 2003.
Jan I.S. Zonneveld, 1995, Land unit survey, Land Ecology, SPB Academic Publishing, Amsterdam
ワケナゲル,マティース〈Wackernagel, Mathis/Rees, William【著】和田 喜彦【監訳】・池田 真里【訳】,エコロジカル・フットプリント―地球環境持続のための実践プランニング・ツール,合同出版,2004,293p.
ポール・ホーケン著,自然資本の経済,日本経済新聞社,2001.
諸富 徹,2003,環境(思考のフロンティア),岩波書店,130p.
オリビィ・ドルフェス著,山本政三・高橋伸夫訳,地理空間,白水社,1975,p.134.(古いが,地理空間を理論的に思考したもの)
厳 網林,GISの原理と応用,日科技連出版社,2003.4.
長谷川 均,リモ-トセンシングデ-タ解析の基礎,古今書院,1998,p.138.
山口幸夫,エントロピーと地球環境,七つ森書館,2001,165p.(エントロピーに関する普及書)

持続可能な発展の教養知識

レイチェル・カーソイン,沈黙の春,新潮文庫,1974,358p.
ドネラ・H.メドウズ・大来佐武郎,成長の限界,ダイヤモンド社,1972,203p。
ドネラ・H・メドウス,デニス・L・メドウス,ヨルゲン・ランダース(茅陽一監訳),限界を超えて-生きるための選択,ダイヤモンド社,1992,376p.
飯島正 , 地球環境論『成長の限界』から『限界を超えて』まで, 文化書房博文社,1996,261p.
アル・ゴア著(小杉隆訳),地球の掟-文明と環境のバランスを求めて,ダイヤモンド社,1992,406p.2500円.(原著 Al Gore, Earth in the Balance, Ecology and the Human Spirit, penguin Books: USA, 1992, 407p.).
ヒラリーフレンチ著,福岡克也監訳,地球環境ガバナンス―グローバル経済主義を超えて―,家の光協会,2000.

専門図書

P.A.バーロー,安仁屋政武・佐藤亮訳,地理情報システムの原理,1990,p.232.
横山秀司,景観の分析と保護のための地生態学入門,古今書院,2002,p277.(景観生態学の入門テキスト.応用例など)
E.P.オダム著,三島次郎訳,オダム生態学の基礎(上),培風館,1974,424p.
E.P.オダム著,三島次郎訳,オダム生態学の基礎(下),培風館,1974,368p.(システムズ生態学の原典)
D.F. オーエン著,市村 俊英訳,生態学とはなにか,岩波書店,1977.
瀬戸 昌之,生態系,有斐閣ブックス,1995.
宿谷 昌則,自然共生建築を求めて,鹿島出版会,1999.(エクセルギーと環境問題に関する入門書)
JARS(日本リモートセンシング研究会),図解リモートセンシング,社団法人日本測量協会,2001.
秋山 侃・福原道一ほか,農業リモートセンシング-環境と資源の定量的解析,養賢堂,1996,p.160.
武内 和彦,地域の生態学,朝倉書店,254pp,1991.
武内 和彦・鷲谷 いづみ・恒川 篤史編,里山の景観学,東京大学出版会,2001,257p.
吉川 賢・山中典和,乾燥地の自然と緑化-砂漠化地域の生態系修復に向けて,共立出版,2004,233p.
吉川 賢,砂漠化防止への挑戦―緑の再生にかける夢,中央公論社,215p.
日本建築学会,都市環境のクリマアトラス-気候情報を活かした都市づくり,ぎょうせい 2000,113p.
都市環境学教材編集委員会,都市環境学,森北出版,2003,222p.
近藤純正,地表面に近い大気の科学-理解と応用,東京大学出版会,2000,324p.
アン・スパーン著,高山 啓子他訳,アーバン・エコシステム,環境コミュニケーションズ,1995.

English journals and associations

Journal of American Planning Associations, latest issue, RSS (American Planning Association)
Journal of URISA (Urban and Regional Information Systems Association)
Photogrammetric Engineering & Remote Sensing, In press articles (American Society of Photogrammetric and Remote Sensing)
ComputersEnvironment and Urban Systems (Elsevier Science)
RSS Feed on Geography, Planning and Development
Landscape and Urban Planning (Elsevier Science)
Remote Sensing of Environment (Elsevier Science)
RSS, Environmental Science and Ecology News
Landscape Ecology (Kluwer Academic Publishers, Inter. Asso. of LE)
GeoInformatica (Kluwer Academic Publishers)
Environmental and Planning: B (Ranked papers) (Pion Ltd., UK)
Journal of Geographic Information Science, RSS (Taylor & Francis, UK)
International Journal of Remote Sensing, RSS (Taylor & Francis, UK)
Transactions in GIS
GeoJournal
International Journal of Spatial Data Infrastructure Research, Mail altert

Japanese journals and associations

土木学会論文集(土木学会,検索可)
土木計画研究講演集(土木学会,検索可)
都市計画・都市計画論文集(日本都市計画学会,検索可)
(社)日本建築学会,検索可
ランドスケープ研究(日本造園学会,検索可)
国際景観生態学会日本支部会報(目録付き)
地理学評論 (Ser.A) (日本地理学会

Geographical Review of Japan (Ser.B) (
日本地理学会
地理科学(地理科学学会,目録付き)
人文地理(人文地理学会,目録付き)
地学雑誌(
東京地学協会,目録付き)
測地学(日本測地学会,目録付き)
環境情報科学(社団法人環境情報科学センター,検索可)
GIS-理論と応用・GIS学会講演集(地理情報システム学会,論文目録付き)
日本リモートセンシング学会誌((社)日本リモートセンシング学会
写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会
情報処理((社)情報処理学会,全文検索可)
交通工学(社団法人交通工学研究会,目録付き)

総合Webサイト

Geoplace (GIS Publication Resources)
POB Online (Surveyor and Mapping Industry News)
Cartography and Geographic Information Systems
GeoTimes (American Geological Institute)
Geo Info Systems (ADVANSTAR Communications Inc. )
GPS World Home Page (ADVANSTAR Communications)
環境情報案内・交流サイト (国立環境研究所)
環境goo (NTT-X)
Environmental Information Management Systems, United States EPA
PlannersWeb (City and Planning Resources)

業界誌

測量(日本測量協会,雑誌ページがない)
GIS NEXT(株式会社クリエイト・クルーズ)

図書館・資料センター

国立国会図書館 (National Diet Library)
国立情報学研究所NACSIS Webcat (NII)
東京大学付属図書館
中国国家図書館
中国上海市立図書館
The Library of Congress, USA

Global, continental and national GIS data

Global GIS, USGS and AGI

http://www.agiweb.org/pubs/globalgis/index.html
The USGS Global GIS database contains a wealth of USGS and other public domain data, including global coverages of elevation, landcover, seismicity, and resources of minerals and energy at a nominal scale of 1:1 million. The GIS, which will run on the included Environmental Systems Research Institute’s (ESRI) ArcView Data Publisher software, are available both by region on seven CD-ROM and on a single DVD-ROM.
補足説明:1990年代のDCWの更新版のようなもの.初リリースは2000年。有料。研究室にDVD版あり。


USGS, GLOBAL LAND COVER CHARACTERIZATION

IGBP – DATA AND INFORMATION SYSTEM
http://edcsns17.cr.usgs.gov/glcc/
The following classification schemes are now available in a global geographic projection with 30 arc second grid cell size. Please consult the Global Readme for the image projection parameters.
補足説明:Global GIS, USGS and AGIに含まれている。


SRTM, NASA

http://srtm.usgs.gov/
The Shuttle Radar Topography Mission (SRTM) data products result from a collaborative mission by the National Aeronautics and Space Administration (NASA), the National Imagery and Mapping Agency (NIMA), the German space agency (DLR) and Italian space agency (ASI), to generate a near-global digital elevation model (DEM) of the Earth using radar interferometry.
The SRTM data flight occurred Feb. 11-22, 2000 on STS-99 and successfully fulfilled all mission objectives. Following a lengthy calibration and validation phase, the 12 terabytes of raw data are currently being processed into digital elevation maps.
補足説明:米国内は30m、米国外は90mの解像度。GOTO30(1km)と比べて圧倒的に精度が高い。フリーでダウンロードできる。アジア地域は研究室にダウンロード済み。


NASA’s Global Change Master Directory (GCMD)

http://gcmd.nasa.gov/
The GCMD database holds more than 16,000 descriptions of Earth science data sets and services covering all aspects of Earth and environmental sciences. One can use the search box or select from the available keywords to search for data and services.


SPOT Vegetation NRF処理データ

http://www.vti.co.jp/data_set_spotveg.htm
VTI社が独自に開発したノイズ処理アルゴリズムを用い、1998年4月から2003年3月までの5年分の世界1km解像度10daysタイムコンポジット画像データの、ノイズ除去を行い、年単位もしくは5年間の時系列データセットとして提供します。毎年データは更新されます。
対象地域:全世界、N-Asia、SE-Asia、Asia-Ialand、W-Asia、Europe、Africa、N-America、Central-America、S-America、Australasian
解像度:1km/pixel、2km/pixel、4km/pixel、8km/pixel
データ作成期間 1999年版、2000年版、2001年版、2002年版、2003年版(3月まで)
注)以降は現在処理中
データセット:年単位NRF処理(36シーン)、5年間のデータを用いて処理した複数年NRF処理(180シーン)
補足説明:有料。SE-Asia、2003年3月まで研究室にあり。


ECMWF 40 year Re-analysis(ERA-40)データセット

http://www.vti.co.jp/data_set_ecmwf.htm
ECMWF ERA-40データセットは、全世界の大気や地(海)表に関する気象データです。
期間:1957年9月から2002年8月
パラメータ :Humidity, Temperature, Velocity, Ozonen mass mixing ratio etc.
補足説明:有料。必要なパラメーター、pressure level、データの種類、グリッドサイズ等をご指定して作れる。


Surface meteorology and Solar Energy (release 5.1)

http://eosweb.larc.nasa.gov/cgi-bin/sse/sse.cgi?na+s01#s01
Average daily global radiation data for 1195 ground sites from the 30-year (1964 – 1993) World Radiation Data Centre (WRDC) data set.


GEO Data Portal

http://geodata.grid.unep.ch/
The GEO Data Portal is the authoritative source for data sets used by UNEP and its partners in the Global Environment Outlook (GEO) report and other integrated environment assessments. Its online database holds more than 450 different variables, as national, subregional, regional and global statistics or as geospatial data sets (maps), covering themes like Freshwater, Population, Forests, Emissions, Climate, Disasters, Health and GDP. Display them on-the-fly as maps, graphs, data tables or download the data in different formats.
補足説明:国家、地域、サブ地域単位の統計データ。


Maps and Graphics at UNEP/GRID-Arendal

http://maps.grida.no/
This service is an on-going project to collect and catalogue all graphic products that have been prepared for publications and web-sites from the last 15 years in a wide range of themes related to environment and sustainable development.There are currently 728 graphics available in the database, with the last update May 4, 2006.


CIESIN

http://sedac.ciesin.org/
The Center for International Earth Science Information Network (CIESIN) is a center within the Earth Institute at Columbia University. CIESIN works at the intersection of the social, natural, and information sciences, and specializes in on-line data and information management, spatial data integration and training, and interdisciplinary research related to human interactions in the environment.


Global Land Cover Facility (GLCF)

http://glcf.umiacs.umd.edu/index.shtml
The Global Land Cover Facility (GLCF) provides earth science data and products to help everyone to better understand global environmental systems. In particular, the GLCF develops and distributes remotely sensed satellite data and products that explain land cover from the local to global scales.
Primary data and products available at the GLCF are free to anyone via FTP. Online datasets may be accessed electronically through the Earth Science Data Interface (ESDI).


地球地図データ作成・公開状況

(2006 年 3 月 8 日現在)
http://www1.gsi.go.jp/geowww/globalmap-gsi/create-gmdata.html
http://www.iscgm.org/cgi-bin/fswiki/wiki.cgi
・モンゴル・パナマ・ケニア・ボツワナ,ブルキナファソ,カザフスタン,キルギス,メキシコ及びミャンマー・スワジランド・サモア・イラン・マケドニア
以上の国々のデータが完成されている.


The Asian Spatial Information and Analysis Network

The Australian Consortium for the Asian Spatial Information and Analysis Network (ACASIAN), Griffith University.
http://www.asian.gu.edu.au/
The Australian Consortium for the Asian Spatial Information and Analysis Network (ACASIAN) is an academic and applied research activity specializing in Geographical Information System (GIS) databases for Asia (China in particular) and the former Soviet Union. In its original manifestation, ACASIAN fulfilled Griffith University’s leading role in the SIIASA and SIIRCEASA consortia, and Griffith University continues to licence its spatial datasets, and those Crissman has subsequently produced, for academic, research, and commercial purposes.


中国の数値地図

http://cbs-jp.ddo.jp/spjs/map/10000Dmap2002.asp
「中国数値地図1/100万」2002年更新版は、中国数値化地図(1/100万,国際版,1995年)と全世界地図の中国データベースに基づき(1999年),再リリースされたものであります。本データは全国範囲をカバーする1/100万縮尺行政区、住民地、交通、文化、水系、地形、海洋等のベクトルデータを含みます。ベクトルデータは2000年の最新データを採用し、その内、地名は2001年、行政区コードは2002年の最新データを採用しました。
全体データは77のメッシュに分かれ、それぞれのメッシュの緯度差は4度、経度差は6度であります。ベクトルデータはARC/INFOフォーマットを採用しました。本製品は、クラソフ楕円体を用いており、経度と緯度を表示する地理座標を採用しました。単位は度であります。1956年の黄海高さ系を用いています。
単価:95万円


Chinese Spatial Data

http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/link/ChineseSpatialData.htm
中国関連の空間情報は網羅的に紹介されている。


China Data Center, Michigen University

The China Data Center at the University of Michigan is a national center designed to advance the study and understanding of China. A primary goal of the Center is the integration of historical, social and natural science data in a geographic information system, where spatial and temporal references is maintained through a relational database.
補足説明:中国国家統計局のデータなどを販売している。


DIGITAL CHART OF CHINA, 1:1M FUNDAMENTAL GIS

http://sedac.ciesin.org/china/geogmap/dcchina/dcchinadesc.html
The Digital Chart of China: 1:1M, Version 1 was provided by the CITAS (China in Time and Space – University of Washington) project. There are two data sets comprising the Digital Chart of China; one covers China only, and the other covers China and the surrounding areas. There are six layers in each of the two data sets: roads, railroads, populated places points based, populated places polygon based, rivers and contours. Data are provided in Arc/Info Export format.


日本国内のGISデータ

国土情報ウェブマッピングシステム:

http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html
以下の数値地図を閲覧し,ダウンロードできます.

国土数値情報

国土数値情報は、地形、土地利用、公共施設、道路、鉄道など国土に関する様々な地理的情報を数値化したものです。
国土数値情報は、全国総合開発計画、国土利用計画などの国土計画の策定や実施の支援のために整備されたものですが、広く利用していただくため、平成13年4月からインターネットで一般提供を行っています。


街区レベル位置参照情報

街区レベル位置参照情報とは、街区単位(○町○丁目○番)の位置座標(街区代表点の緯度・経度。平面直角座標)を整備したデータです。
街区レベル位置参照情報を用いることで、住所をもとに各種統計・台帳データを地図上へ重ね合わせることが容易になります。
街区レベル位置参照情報は、全国の都市計画区域を対象として整備しており、平成13年4月からインターネットで一般提供を行っています。


国土画像情報(カラー空中写真)」

「国土画像情報(カラー空中写真)」は、昭和49年度から平成2年度にかけて、国土の全域で延べ約40万枚の写真を整備したものです(撮影は国土地理院)。撮影縮尺は1/8,000から1/15,000です。国土画像情報(カラー空中写真)をブラウザで簡単に検索・閲覧することができます。


空中写真閲覧

http://mapbrowse.gsi.go.jp/airphoto/index.html
国土地理院が所有する空中写真の閲覧サービスを試験公開しています。


数値地図(空間データ基盤)

http://sdf.gsi.go.jp/
以下の2種類の数値地図を閲覧できます:
 数値地図25000(空間データ基盤)は、2万5千分1地形図に相当する精度を持つ、道路中心線、鉄道中心線、河川中心線、水涯線、海岸線、行政界、基準点、地名、公共施設、標高の10項目のデータです。
 数値地図2500(空間データ基盤)は、全国の都市計画区域(約96,000平方キロメートル)を対象に、道路、河川、行政区域界等の骨格的地図項目を数値化したデータです。


各種地図の閲覧

http://www.gsi.go.jp/tizu-kutyu.html
国土地理院が所有,刊行している地形図,主題図,古地図を閲覧できます.

GIS Data in Japan

1. Soil Information Web Mapping System: >>Jump

Here are data that you can get.

A. Soil Numerical Value Information
This map is quantified landscape, land use, communal facility, road and railroad. It was discased from Apr 2001.

B. City Block Level Location Reference Information
This target is all parts of Japan. It was discased from Apr 2001.

C. Soil Image Information (Color aerial photograph)
Geographical Survey Institute overhauled 4 hundred thousand aerial photographs of all parts of Japan from 1974 to 1990. This scale size is from one 8 thousand to one 15 thousand. You can get those photographs from web browser.

2. Browse of Aerial Photograph >>Jump

3. Numerical Value Maps (Space Data Basic) >>Jump

Numerical Value Maps 25000: This is nearly equivalent to one 25 thousand map. It represents road, railway, river, river bank line, sea line, province line, anchoring point, geographical name, communal facility, and altitude.
Numerical Value Maps 2500: This map targets city planning areas. It represents road, river and province line.

4. Browse of Various Maps >>Jump

You can browse contour, thematic and old maps.