在籍大学院生

2016年7月現在

 

博士課程

 

氏名 研究課題 学期
小林知記 コミュニティ・ベースの太陽光普及モデルの設計とまちづくりへの展開 12
ヴァヒディ ホセイン 低炭素都市のためのスマートセンサネットワークシステムの構築 5
アルハラフ ハイサム 建物のエネルギー管理による低炭素都市の形成 4
張 慎彦 気候変動による気温変化と渡り鳥の時空間分布への影響 4
グーメヘイ・エルハム SAR画像のテクスチャーベースのピクセル解析による水域の抽出 3
ムリアディ インドネシア泥炭林地域の環境変化とコミュニティベースの保全政策 2
アハマド ムザファル バハルディン モンゴルにおける家畜移動センサシステムの開発 1

 

修士課程

 

氏名 研究課題 学期
ミャグマルスレン エンフメンド モンゴルにおける鉱物資源の開発と地域コミュニティとの共生 4
トルガ エルデネチョローン 鉱物資源の開発におよる経済効果と環境保全との両立➖モンゴルを事例として 4
何 静珠 中国山西省における石炭資源の開発と環境保全 4
汪 思琪 JCMから見た日本の環境外交政策 3(DD-Fudan)
MUNAWIR REZZA Households Adaptive Capacity To Coastal Inundation Due To Global Climate Change 4(IL-DD)
KUSUMAH ACHMAD P Toward Sustainable Hutan Tanaman Rakyat Development According to Social-Ecological Systems Resilience: Case of Maju Bersama Cooperation Hutan Tanaman Rakyat Program 4(IL-DD)
GUMANTI PUTUT L Climate Change Adaptation and Resiliency of Aquaculture Community: Case of Coastal Area in Pekalongan City, Indonesia 4(IL-DD)
ISABEL NAGUIB Urban agriculture, Food Waste and Food Mileages 4(Bonn, Exchange)
ヴアスコンセロス・ジュリア GISによるバス公共交通の計画支援ーモザンビーク・マプト市を事例として 3
金森貴洋 集団移転団地の徒歩アクセシビリティをベースとした公共交通改善の方策 3
NAM Hae Kweun Urbanisation and Urbanism in Korea and Japan 3(DD-Yonsei)
ROCHMAH SAIFILLAILI NUR Final Waste Processing Site Based On GIS Spatial Analysis for Solid Waste Management in Kendal Regency, Indonesia 2
ROZANO BOBY Analyzing the allocation and impacts of high rise residential building in Yogyakarta Peri-Urban Areas 2
BAYARMANDAL PUREVJAMTS GIS and Remote Sensing application on environmental inspection sector: Evaluation and analysis of impact assessment 2
ZULKHUU UUGANBAATAR Environmental planning issues of South Gobi province in Mongolia 2
倪 凱駿 日中両国間の死生観比較と墓地管理への影響 2
倪 凱駿 日中両国間の死生観比較と墓地管理への影響 2
横山 魁 巨大地震における津波災害廃棄物発生量の推計方法 1
久嶋 悠輝 巨大地震における津波災害廃棄物最終処分場の能力推定 1
さく せいなん 水俣市における市民参加型のごみ処理方法の考察 1

注) DD: ダブルディグリー学生(Fudan: 中国復旦大学、Yongse:韓国延世大学) IL-DD:インドネシアリンケージプログラム学生