二子玉川ワークショップの開催

2019年1月27日に,M-NEXプロジェクトならびに二子玉川生態系サービス見える化プロジェクトの一環として,二子玉川フィールドツアー&デザインワークショップ「生態系サービスの見える化とグリーンインフラへの発展」を開催しました.本イベントは,二子玉川生態系サービス見える化プロジェクトが主催し,世田谷グリーンインフラ勉強会,Belmont Forum/M-NEXプロジェクト,東京都市大学二子玉川夢キャンパスの共催により行われました.

参加者の募集は東京都市大学夢キャンパスのホームページおよび掲示板での告知,地域情報サイト「futakoloco」での告知,二子玉川生態系サービス見える化プロジェクトの関係者および知人へのメール等での告知により行いました.当日参加者は定員を上回る34名です.住民7名をはじめ,大学生12名, 東京都市大学,東京農業大学,慶應義塾大学関係者計11名,企業3名が参加しました.海外からは,オランダのハンズ大学フローニンゲンからRob Roggema教授,アメリカメリーランド大学Virji Hassan客員教授が参加しました.

M-NEXプロジェクト日本チームでは,首都圏の世田谷区二子玉川,横浜市たまプラーザ,藤沢市西北部を事例に研究を進めています.研究対象地の一つ二子玉川では,都市域に残る生態系サービスを基盤とした食料・水・エネルギーのネクサスが研究対象.プロジェクト初年である今年は,食料・水・エネルギーをキーワードとして生態系サービスの現状を探ってきました.また,東京都市大学を含めた研究プロジェクトとして生態系サービス見える化プロジェクトを立ち上げました.これらの成果の確認と住民の意見の取り入れのため,ワークショップの開催に至りました.

まず,NPO法人せたがや水辺ネットワーク代表中西修一氏によるフィールドツアー.
二子玉川夢キャンパスを出発し,多摩川河川敷へ.二子玉川の歴史のなかでも多摩川は重要な場所です.鮎などの産卵場所があり,かねてから鮎の漁場として有名でした.つぎに,野川へ.多摩川と野川は二子玉川で合流し,合流直前には兵庫島公園があり,多くの生態系がみられます.また野川下流ではこどもが河川と触れ合うイベントを定期的に行っているそうです.続いて,ファーマーズマーケットを訪問.二子玉川にはJAが出店するファーマーズマーケットと,上階にはレストランがあり,にぎわいを見せています.世田谷区内でも特に南部の野菜を販売しているとか.つぎに,川辺農園を訪れ,この地区で何を育てているのか,畑のようすはどうかを伺い,観察しました.川辺農園は 3.5m以上の道路に接していないため,開発から取り残され,またこれまで生産緑地として認めてもらえなかった農地です.農家が高齢になったことから,中西氏らのグループが協力して行政と交渉し,生産緑地として認めてもらうことになったそうです.また手掘り井戸も整備されたていました.最後に小坂緑地を訪れました.二子玉川地区は,中央を国分寺崖線が通り,低地と台地を分け隔てています.崖線は都市域において緑地が現在も残存している場であり,小坂緑地も残された緑地の一つです.
昼食には,二子玉川地区の食材にこだわったケータリングサービスを提供している村上ゆか氏によるお弁当をいただき,地元野菜を体験しました.フィールドツアーで訪れた農園の野菜も含まれており,参加者からは味や地域の食体験に満足しているようでした.
以上のように,短時間ながら二子玉川地区に残る様々な生態系サービスに触れることができたフィールドツアーでした.

午後は,東京都市大学横田樹広准教授による講演「生態系サービスとグリーンインフラ」と,慶應義塾大学厳網林教授の進行のもとでデザインワークショップを行いました.まず横田准教授は,生態系サービスやグリーンインフラとはなにかを説明したうえで,二子玉川地区を事例に市民科学や市民レベルの取り組みにより,生物多様性や雨水管理が進んでいることを紹介しました.

続いて,参加者を4つのグループに分け,4つのテーブルをローテーションしながら議論を進めました.4つのテーブルは地図スケールによって分けられ,個別住宅を認識できる詳細スケール,街区を観察できる街区スケール,二子玉川地区を比較的広い視点からみられる学区程度のスケール,二子玉川地区全体を映した地区スケールの4つに.また,ワークショップは3部構成で進められました.1つ目はフィールドツアーで見たもの・体験したものを共有し,2つ目で課題を発見,3つ目で課題を解決するデザイン案を作成.これによって,現状として,生態系サービスが分断されていることが盛んに意見されました.そこで,分断したままでは景観や生物多様性の観点から望ましくないことを課題として見出しました.最後に,既存の緑地や河川をつなぎ合わせて地域全体で生態系サービスを享受できるようにデザインしました.

以上のワークショップを受け,東京都市大学小堀洋美特別教授,ハンズ大学フローニンゲンRob Roggema教授,アメリカメリーランド大学Virji Hassan客員教授から好評を受けました.住民とともに街歩きし,資源を再発見すること,デザインワークショップを通じて,地域にどのような資源があり,何が課題であり,将来どのようにしていくかを議論することの価値が評価されました.最後に玉川町会の閉会挨拶がありました.ワークショップでのデザイン案は,専門性や実用可能性の観点からは必ずしも実現が目指されるものではないが,住民や地域に携わる人々が何を感じ取り,何を期待しているかが表されています.今後,専門的見地から提案を精査し,地域生態系を複眼的に俯瞰していくことに活用していきます.

本イベントの様子は,地元Webメディア「futakoloco」に取り上げられています.ぜひご覧ください.
https://futakoloco.com/column/muta/7589/?fbclid=IwAR3U3-0zCwTW1eaL3vpL8S2Sst7HgYpCfQbIUdiVM5CI6Bo9YTJMCNb9_4M

<文責>岸本