ドローンによる迅速な地図化

M d, Y コメントは受け付けていません。 by

時間や場所の制約が少なく安価に飛ばせる無人航空機ドローンを用いて、宮城県気仙沼市松岩地区の災害復興の様子を撮影しています。現在の土地利用を知る手段のひとつとして衛星写真や空中写真がありますが、これらは数か月から数年単位で撮影されるもので、毎日変化する復興工事の様子をとらえることはできません。また、衛星写真や航空写真は一度の撮影に膨大な資金が必要となります。そこでドローンにより随時最新の地図を作成する手段を構築することを目指しています。

プロジェクト

About the author

The author didnt add any Information to his profile yet
Comments are closed.