Archive for プロジェクト

震災廃棄物マネジメント

M d, Y Comments Off by

震災廃棄物とは震災による「がれき」「津波堆積土」などのことで、東日本大震災では3年間に渡って、宮城、岩手の約2500万トンの震災廃棄物を処理しました。 震災廃棄物の処理速度は被災地の復興に直結している重要課題です。 本研究では、震災廃棄物の処理の手順から、【廃棄物発生量の計算】【仮置場候補地探し】【廃棄物処理施設の検討】の3セクションに分かれ、様々な被災ケース、自治体モデルを想定しながら、推計を行っています。

Uncategorized Read more

ドローンによる迅速な地図化

M d, Y Comments Off by

時間や場所の制約が少なく安価に飛ばせる無人航空機ドローンを用いて、宮城県気仙沼市松岩地区の災害復興の様子を撮影しています。現在の土地利用を知る手段のひとつとして衛星写真や空中写真がありますが、これらは数か月から数年単位で撮影されるもので、毎日変化する復興工事の様子をとらえることはできません。また、衛星写真や航空写真は一度の撮影に膨大な資金が必要となります。そこでドローンにより随時最新の地図を作成する手段を構築することを目指しています。

Uncategorized Read more

交通と防災のIoT

M d, Y Comments Off by

都市の過密問題の主要な議題として交通混雑があります。慢性的で極度の混雑は、積極的なインフラ整備により近年では過去のものとなりました。しかし局地的な混雑現象は依然として大きな問題です。一例として本プロジェクトで着目する湘南台駅と慶応大学を結ぶバスでは、「見送り」現象によって授業直前に混雑が集中することが明らかになっています。そこで仮説として、利用者にバスの混雑度を知らせることで見送り客を減らせると考え、人感センサーとLEDによる電光掲示板を鋭意作成中です。この研究はバスの集中混雑という社会現象の処方箋となるだけでなく、身近な社会問題をアイデアと電子技術によって解決する実例となります。

Uncategorized Read more

GIS技術

M d, Y No Comments

WebGISツールとスマートGISアプリの開発 持続可能な地域発展を実現するために,情報の果たす役割はますます大きくなると見られます.GISを用いた研究は研究所等で盛んに行われているが,GISソフトウェアはまだ一般ユーザーの扱いやすいものになっているとは言えません.システム開発チームは,厳研が進めている研究プロジェクトを情報の観点から有機的に捉えて,情報システムから統合的にアプローチすることを目的とします. 私たちは社会に貢献できることが何であるかを総合的に判断しながら,明確な目的をもった上での、 ツールとしてのウェブシステムの開発を行います。このプロセスを通して,Webインタフェィスや知識・情報の構造化の方法を研究します.開発チームのメンバーは同時に研究プロジェクトにも参加しているため,プログラミングのスキルアップと同時に,問題解決能力の向上が達成されます. キーワード: WebGIS,Smartphone, Google Maps/Earth,知識ベース,プログラミング,地域情報サービス

Read more

気候変動適応

M d, Y No Comments

気候変動の原因と影響を理解する 気候変動適応の研究にあたって複雑な自然と社会の背景や全体像を理解することは必須であるが、授業等で身につけられるものはそれらの一部であり、自分たちで意欲的に学習することが必要である。私たちは、以下に展開する日本・アジアの各地に関する研究テーマに必要な自然科学の基礎知識を習得することを目的として勉強会を行っている。そのために週一回のサブゼミで研究テーマと関連のある論文、テキストであるEcology、ヒューマンエコロジー入門などをレビューしそれらの考え方や理論について討論している。新しい文献や他の分野に触れることでお互いの研究を見つめなおし、研究の質を高めることを狙う。

Read more

震災復興支援

M d, Y 11 Comments

気仙沼市・南相馬市の復興支援 東日本大震災により、東北地方沿岸は特に甚大な被害を被った。震災復興チームはGIS技術と現地調査を通して、宮城県気仙沼市、福島県南相馬市における被害状況を詳しく調査し、復興に向けての支援を行ってきた。気仙沼では、被災地の復興に向けた状況変化を鑑み、災害の記録、復興の提言を行ってきた。災害の記録に関しては、震災前の災害対策と現状を比較し、津波被害による都市景観の変化やインフラを初めとする都市機能の被害把握と分析を行った。復興の提言に関して、被災地の復興都市計画をもとにした復興プロセスを分析し、地域のポテンシャルを活かした復興計画の策定を行っている。

Read more

スマートシティ

M d, Y 10 Comments

地球温暖化問題を背景とし、従来の化石燃料を用いた集中型電源から、太陽光エネルギーなどの自然エネルギーを用いた分散型電源への移行が求められている。さらにこのたびの東日本大震災を経て、災害に強い分散型電源としても太陽光エネルギーの利用が進んできている。研究者らは住宅用太陽光発電の利用方法をテーマとし、住宅というミクロスケールで太陽光エネルギーと屋根形状との関係性を分析してきた。しかし、実際に太陽光エネルギーを利用する際には、地域の特性や都市の空間構造などマクロスケールでの要因も考慮しなければならない。そこで本研究では、空間スケールに応じて太陽光エネルギーと空間構造との関係性を分析し、明らかにする事を目的とする。実証実験地域等の実例を基にして、地域単位や建物単位などスケール階層毎に考慮すべき空間構造の要因を考え、それらの要因に関わる主体とその役割を明確化し、太陽光エネルギーと空間構造の関係性を分析するためのフレームワークを作成する。それによって、様々な地域特性を持つ広大な既成市街地に対して、太陽光エネルギーの利用を計画する際の基盤となるアプローチ方法の構築が期待される。

Read more