Archive for 研究会関連

2016年度夏合宿

M d, Y Comments Off by

2016年度春学期の集大成としてSBCにて合宿をしています。7月30日(土)~31日(日)の日程で研究プロジェクトの発表、GISと親しむ謎解き企画、ORFに向けた研究会の方針の話し合いなど充実した内容で実施しています。

Uncategorized Read more

2015年度秋学期メンバー

M d, Y Comments Off by

秋学期研究会のメンバー 2015年度秋学期の研究会メンバーです。新入生も2人入りました。今学期はフリーGISを用いたセーフコミュニティのデザインを学びます。   New semester started with fresh undergraduates . This seminar teaches advanced GIS (Geographic Information Systems) and explores applications in environmental and social development.    

Uncategorized Read more

厳研サブゼミ

M d, Y Comments Off by

『厳研サブゼミ!』 今期から久々にサブゼミが復活して、GISやリモートセンシングの勉強会が始まりました。 研究会の時間とは別に毎週5時間近く知識と実技の勉強が行われています。 今日は研究室にはたくさんの人が集まり、熱心に勉強されていました。 <勉強中>

Uncategorized Read more

南相馬復興支援プロジェクト、スタート

M d, Y Comments Off

5月26日、エコえね南相馬中山さんと奥村さんらと研究室で、南相馬復興支援プロジェクトの進め方について時間を掛けて議論した。研究室として最大に支援していくが、離れた土地に毎日いるわけではないため、できることとできないことがあり、エコえねとよく分担して進めていく必要があることを確認した。また、3月25日に行われたワークショップの成果を踏まえて、ソラーシェアリング、放射性汚染情報のデータベース化、消費者意識調査、30年度後のビジョン、大規模農業支援などを具体的に推進していくことを決めた。

Read more

2013年秋学期卒業生、卒業式

M d, Y Comments Off

3月24日、13年度秋学期卒業生の卒業式が日吉キャンパスで行われた。晴れ晴れの天気とさくら爛漫の中で卒業生たちが笑顔いっぱいでこの日を迎えた。久々に卒業証書を授与する業務を手伝ったので、研究室の卒業生たちとナイスショット。思えば4年間はあっという間だったのね。卒業、おめでとう!

Read more

厳網林研究会2012年度秋学期末発表会

M d, Y No Comments

単位を懸けた、最後の舞台。 2012年2月2日、厳網林研究会の2012年度秋学期における、最終発表会が行われました。 研究会を履修している院生および学部生の全員が、10分間の持ち時間の中で一学期間学んだことを発表し合い、互いの研鑽の成果を評価し合う場です。 今期は研究会終わりの「諸事情」により、いつもは発表時間が長く設定される卒業生や院生も一律10分のプレゼン時間だったり、質疑応答の時間を無くしFacebook上のグループページで意見を交わし合ったりと、時間短縮・効率よく発表会を行う手法が取り込まれました。 その結果、通例2日かけて行う厳研の最終発表会ですが、今回はなんと9時30分〜15時30分(昼休み込み)の6時間で終わるという快挙を成し遂げました! いやぁ、早く帰れるって良いですね。 『旅立ちの春の兆し』 発表会が終わり、先生と院生の方々が「諸事情」に行かれる前に、諭吉先生銅像前で記念撮影を行いました。 院生と学部生の卒業生全員と先生が一緒に写った写真…一生の思い出になりそうです。 この日は丁度慶應藤沢中等部の試験日だったのですが、寒さ厳しい冬の日が続く中で、快晴のなか南風が吹いて上着がいらないくらいの陽気でした。 皆との別れが近いことをしみじみと実感した筆者でした(/ω\*)ウゥ…。 記念撮影が終わった後は、先生と院生はロマンスカーで箱根ユネッサンへ、学部生は居酒屋花の舞で打ち上げをしました! あとは単位と評価がどう来るのか、不安の中待つのみです。 Writer: TAGUCHI HIdeaki

Read more

太田市長が厳網林研究室に来訪:太田市との協同プロジェクト発足へ

M d, Y No Comments

太田市長が厳網林研究室を見学:太田市との協同プロジェクト発足へ 2012年12月10日、群馬県太田市長 清水聖義氏御一行が慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに来校し、厳網林研究会にも来訪頂きました。  今回清水市長が来校した目的は、慶應義塾大学院政策・メディア研究科と地域連携協定を結ぶ調印式を行うためでした。  太田市における「エネルギーマネジメント」「スマートシティ」プロジェクトなどへ慶大同科が研究協力を行うことなどが決定され、厳網林研究室でも博士課程の小林知記を始めとしたメンバーがスマートシティプロジェクトへの協力を行っていくことになります。  同日、調印式が終わった後、市長らは厳網林研究室(ζ観203号室)を来訪し、厳教授、OBの葉、学部生の上田、吉田、田口が研究室で現行している富士吉田市地域振興プロジェクトとスマートシティ事例研究についてプレゼンテーションを行いました。  市長は上田らのプレゼンに対し「太田市でもできそうなプロジェクトで、面白いと思う。是非太田市でもWebGISを用いたサービスを考えてくれないか」とおっしゃるなど、熱心に耳を傾けて下さいました。 参考記事→ 東京新聞「新エネ、スマートシティー実施 太田市と慶大連携」 上田のプレゼンテーション

Read more