Archive for フィールドワーク

富士吉田市環境フィールドワーク

M d, Y No Comments by

トピック:環境フィールドワーク カメラトラップ  今回は大学院で開講されている授業で対象地とした、富士吉田市でのフィールドワークの一部をご報告させていただきます。    この大学院の授業は「環境フィールドワーク」といい、地形図の見方をはじめ、空中写真の判読、土地利用、地形調査、生物調査といった環境にまつわる事について技術を修得し、地域の課題を発見、分析、提案を行う事を目的とした授業です。7月から8月にかけて分析ソフトを用いた植生被覆マップの作成方法や、テレメトリー、カメラトラップの使い方等について学び、9月に山梨県の富士吉田市にて植生調査、バイオマスの算出、哺乳類のモニタリング等を行い、現地の市役所の方や恩賜林組合の方等を対象に成果報告等を行ってきました。今回は今まで様々な方法の調査を行ってきた中で、カメラトラップについてご紹介したいと思います。  カメラトラップとは、野生動物を無人のカメラで撮るものです。これを使用して、その地域の野生動物の生息数や種類、あるいは生態系等を把握するのに用います。このカメラには基本的にモーションセンサー、あるいは赤外線センサーが搭載されており、カメラの視点の先に動くものが確認された場合自動的にシャッターがおり、SDカードに保存されるようになっています。調査する人がわざわざ現地に長時間待機、調査をしなくてすむだけでなく、地域によっては野生動物に襲われる危険を回避する事ができたり、人間に匂い等を残さなくてすむので、比較的容易に動物を撮る事ができるメリットがあります。また夜間においても鮮明に写真を撮ることが可能である点も大きなメリットの一つです。これを地面から約1メートルの高さに少し下向きにして木に縛り、9月に設置してから11月に回収するまで、約2か月間富士吉田市の森林に設置しました。設置個数は合計15台設置しました。またGPSを用いてどの地点に設置したのかを記録しました。  回収時はGPSを使用しながら15台のカメラを探し、回収を行いました。15台のカメラで撮られた写真の合計枚数は7947枚にも上り、それを1枚1枚入念に調査しました。この7947枚にはもちろん動物が写っている写真もあれば、何も写っていない写真もあります。この何も写っていない写真というのが大半になるのですが、これはカメラの誤作動によってうまれるものです。森の中では風が吹くことで木がしなったり、葉っぱが揺れたりするので、それを動物と勘違いしてシャッターをおろしてしまう場合や、木漏れ日等によって誤作動する場合等がよくあります。  結果としては鳥以外で、6種類の野生動物を確認する事ができました。1番多く確認されたのがシカで、8割の写真はシカでした。中には立派な角を持つシカや集団で毛づくろいをするシカの姿が写っていました。他には、イノシシ、タヌキ、キツネ、リス、ウサギが写っているのを確認する事ができました。  実は私達はクマが写っている事を予想、期待していたのですが、残念ながらクマはカメラを設置した地域では確認する事ができませんでした。今回はカメラトラップをご紹介しましたが、他にも様々な調査方法を学びましたので、次回の厳研ニュースに記させていただきます。 Writer: Takahiro Kanamori

Uncategorized Read more

内モンゴル自治区

M d, Y No Comments by

 今回の厳研ニュースでは、8月4日から9日の内モンゴル自治区赤峰市北東部にある烏蘭敖都村でのフィールドワークの報告をします。まず、内モンゴル自治区は現在広い範囲で漢化が進んでいる中、一部農村地帯では今でも根強くモンゴル族の文化が残っています。その一つが私の研究対象地域となっている烏蘭敖都村である。「村とは?」と疑問に思う人もいると思いますが、中国でいう「村」は非常に小規模な区分を指しており、日本で言うと「団地」だと思います。しかし、中国は日本より規模が大きい分、村といえども人口は約1500人で、村長・班長・会計が存在するくらいのしっかりとした組織ではあります。  私が烏蘭敖都村での研究を本格的に始めたのは大学3年生からですが、この村との出会いは大学1年生の時のことでした。愛知県で行われたCOP10を記念したユース会議の参加者として内モンゴル自治区へのスタディーツアーに参加させて頂きました。そのときは高校を卒業したばかりで大変無知だったこともあり、内モンゴルと外モンゴルが存在することも知らず、モンゴル国にいると勘違いしていたくらいでした。このような状態で参加し、すべてが新しく、エキゾチックであり、私が知っている世界がいかに狭いかを実感させられました。同時に、高校生の時から興味があった気候変動の影響を目の当たりにしました。かつては草原であった村は気候変動と定住化による環境負荷の増大により砂漠化し、こちらの土壌侵食が日本でも問題となっている黄砂の原因と言われています。  今回のフィールドワークではアンケート調査とインタビュー調査を行い、主に村における生活環境と自然環境に対する意見を聞きました。一部意見が分かれたところもあるものの、自然環境に対する意見はほぼ一致していました。1990年代から始めた植樹活動の効果もあり、流動砂丘の影響は大幅に軽減できているようだが、まだ環境の変化に脆弱で、活着率は不安定です。また、村における生活水準は上がっているようだが、中国の急速な成長に追い付けず、季節的労働に出る人数が増加したままです。加えて1990年代後半の西部大開発の影響で中国全土における教育制度が厳しくなって以来、村の子供は小学校から正式に認められた教育機関として唯一存在する約50km離れた都市部に別居しています。これによって幼い年から親元、そして村を離れていることから、教育課程を修了した後も村へ帰らずに都市部へ流れる傾向を助長し、村における空洞化と低学歴化が進んでしまっています。  このように、社会問題、民族問題、社会問題など様々な問題が複雑に絡まっているこの研究を通して、私は烏蘭敖都村における環境再生と地域開発を実現した農業ビジネスモデルを考えられればと思います。長い道のりではありますが、この先も頑張っていきたいと思います。 Writer: Sayuri Ichikawa

Uncategorized Read more

舞根地区フィールドワーク報告 2012年10月

M d, Y No Comments by

 厳研ニュースという事で、今回は10月20〜21日に行ったフィールドワークの報告でも行いたいと思います。  その前に、自分の所属しているプロジェクトを説明しようと思います。  このプロジェクトは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの厳研の一部(矢ヶ崎、金森)と同大学同キャンパスの一ノ瀬研の一部のメンバーで構成されている合同プロジェクトが気仙沼復興プロジェクトのオーラルヒストリー班です。 この班は震災復興におけるまちづくりにおいて、住民主体での住民の意見を反映したソフト面からの持続可能な都市を実現するという大きな目的があります。 小さな目的としては被災前の集落の住民視点からの記録という目的もあります。 大きな目的の達成のために、このプロジェクトではこのまちづくりを目指すためにオーラルヒストリーを集め、分析し、住民の方にもわかりやすい形にして還元する事で住民の自発的なまちづくりの資料にしてもらおうというわけです。 そのため、このプロジェクトの特徴としては震災復興を手伝うといった形になります。 まちづくりは住民が行うことより、持続的で地域に適したまちを作れると思います。 大雑把の説明ですが、オーラルヒストリーの意味合いが今までのものとは違う事や具体的な取り組みなどはまた今度にしたいと思います。  今回は対象地区の舞根地区へフィールドワークに行きました。 活動内容としては地区の方に「震災当日の話」「震災以前の舞根」を語ってもらう形になります。 毎回の調査ではいくらかの大きさに印刷した航空写真を持って行き、場所と内容を対応させながらインタビューを行っていきます。 余談ですが、地図や航空写真をすぐに見せて理解が出来るのは日本などの先進諸国の特徴です。 いかに、地理教育が日本の国土に行き渡っているのかがわかりますね。話は外れてしまいましたが、航空写真を見てもらいながらですと、話も地域全体になりやすいですし、我々も地域の知識を場所と結びつけて覚える事が出来ます。 インタビューでも震災当日に住民の方が何処に居たのか、どのように感じたのかを語ってもらうことや昔の舞根地区の思い出や姿を話してもらう事は非常に生き生きとしていて、素晴らしいと言えます。  本題ですがフィールドワークは10月20〜21日という期間で行いました。 主に上記の内容をインタビューしたりする事が基本でした。 このフィールドワークではあるNPO法人森は海の恋人に協力してもらっており、事務所などを宿泊場所として共有させていただいています。これら意外にも交通の面でも協力していただいており、非常に助かっております。 フィールドワークは交通費、宿泊費にお金がかかるのがよくある課題ですね。 今回のフィールドワークでは数名の方に話を聞きました。 さらに集団防災移転の定例会に参加し数人の方にお話をお聞きしました。 集落全員の方々にお話を聞く事を目標にしているので、なかなか根気のいる作業です。  長くなってしまいましたがORFに向けてこのプロジェクトも動き出しているので、また報告等が出来ればいいなと思います。 Writer: Taiyo Yagasaki

Uncategorized Read more

2011年度中国沙漠緑化研修のお知らせ

M d, Y No Comments

砂漠緑化フィールド研修プログラムでは、中国内蒙古自治区ホルチン砂地の砂漠化問題について専門家の講義やフィールドワークを通して環境に関わる現地活動やNPO組織の運営、管理方法を一貫して学びます。 場所:中国内蒙古自治区通遼市内ホルチン砂地 期間:9月8日(木)~9月13日(火)の6日間 内容:砂漠散策、ポプラの植林、草方格の作成、NPOの運営・活動についての講義、ワークショップ 指導教官:厳網林教授(慶應義塾大学) 費用:15万円+TAX+緑化協力金(2万円)   ※瀋陽(Shenyang)空港から合流する場合、航空費分が減額   ※EIコースの学生の場合、フィールドワーク申請による旅費の補助 申込先:木村(kmr@sfc.keio.ac.jp)まで 締切:7月末まで

Read more

慶應大学の植林CDMが政府承認を得た

M d, Y No Comments

慶應大学の瀋陽植林CDMプロジェクトが日本政府から承認を得た。厳研はフィールド調査、ベースライン計算、マップ作成を担当した。このプロジェクトは昨年に中国政府からも承認を得ている。これより国連に申請して、正式に批准を求めることができる。大学として、小規模植林CDM事業として、世界で初めてのケースとなる。 ◇農林水産省 プレスリリース(22日10時) http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/091222.html > ◇慶應義塾大学 プレスリリース(22日14時) http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2009/kr7a4300000277fc.html

Read more

2009年度砂漠緑化フィールドワーク実施終了

M d, Y No Comments

2009年9月5日~12日の8日間、緑化フィールドワークを実施し、無事終了しました。今年は緑化地の生物量調査とその調査方法の現地スタッフへの移転を中心に行いました。まず私たちの研究対象のトキ村で、全植林地について調査を実施し、設計した調査方法、記録用紙、測定などを確かめました。それをもとに最終日にガボウ村で緑化ネットワークの全スタッフに対して操作方法を教えました。現地の若いスタッフは新しい測定機器に興味津々で、調査にとても熱心でした。方法をマスターしたようで、あとは年中作業の中でスケジューリングして実施するだけです。9月8日に企業緑化隊と一緒に植林を行いました。計画した内容が全部順調に実施され、学生も現地スタッフもたいへん充実した、楽しい日々ができました。また来年、楽しみにしてください。

Read more

2008年度砂漠緑化フィールド研修報告書

M d, Y No Comments

2008年度砂漠緑化フィールド研修は、2008年9月4日から9月13日の10日間,中国内蒙古自治区東部科爾沁(ホルチン)区で実施された.慶應義塾大学から10 名の学生が参加し,そのうち大学の研究室からは調査目的の学部生・院生が4 人,一般研修目的の学部生が6人であった.前者4人を調査隊,後者6人をツアー隊とし,9月7日~9月9日の3日間に植生調査を行う調査隊と,観光や植林地管理を行うツアー隊とで別行動をとった. 例年,ツアー内容はだいたい同じであるが,天候による影響や参加者の人数・体調に合わせて多少の変更が行われる.2008 年度のフィールド研修では,9 月10 日はGPS を用いた樹木調査が行われる予定だったが,午前中は雨が降ったため,緑化ネットの事務所で砂漠化に関する講義が行われた.また,本年は参加者によるワークショップが開かれ,農民・政府・NPO の立場に立ったロールプレイングを実施した. このように本研修では,さまざまな体験を通して砂漠化問題を実感し,それぞれの立場や関係を理解することで多角的な視点から問題をとらえることを目的とする.フィールド研修を国外で実施するにあたり,現地の生活を自らに取り入れ,対象地域について身を持って体感できる.また,研修前に行われた事前指導の知識を基に実際に現地で体験することで,より現地に対する深い魅力を感じることができる.そして,砂漠化問題や地球環境問題に対し,個々の行動するきっかけを得られる.現地を体感することで深められた知見を今後の活動に活かしていってもらいたい. 活動の詳細に関しては、こちらからダウンロードして、お読みください。

Read more