FrontPage_JP

NEWS

2018/06/13 国際共同研究プロジェクト M-NEX のHPを公開しました。

2018/04/16 森ノオトさんに厳研の活動を紹介いただきました。森ノオト

2018/02/15 プラモウリン#4山手・関内を追加しました。

2018/02/12 ホームページUIを刷新しました。

2018/02/08 春合宿2018@白子温泉を追加しました。

 

About Us

厳研では“Think Globally, Act Locally”をモットーに国内・国外のフィールドを対象として、研究を行っています。自然環境の再生と社会の発展に関する実問題を、自然科学と人文社会から総合的に学習し、フィールドワークによって調査・実験を行い、持続可能な社会に向けての計画・ビジネス・情報サービスを提案しています。

キーワード:中国とアジアの環境問題,環境ガバナンス,持続可能な発展,エコシステム,環境評価,地域計画,政策支援,地理情報システム(GIS),リモートセンシング,Web情報サービス,環境・社会・ビジネスのイノベーション

求める学生:フィールドワーク、チームワーク、スキルワークに熱意のある人。政策系か情報系かは問いません。興味のある学生はいつでも連絡してください。

研究室の特色

concept

◆分野横断:研究室には環境系・情報系・政策系の学生がいます。環境問題の仕組みから情報システムの開発や政策提言まで、横断的に取り組んでいます。

◆実践重視:だれでも実感できる地域社会の実問題に取り上げています。学んだスキルや知識を地域社会で実践して、社会貢献をします。

◆技術訓練:GISを学び、応用システムを開発しています。実戦力を持って広い分野へ応用できます。

◆研究教育の体系化:スキルワーク,チームワーク、フィールドワークを複合的に組み合わせたカリキュラムを通して、学生の問題発見能力と問題解決能力を総合的に養成します。